医師の転職

医歯薬系の転職はさまざまな職種に渡りますが、医師の転職もあります。ただ一般の求人サイトでは取り扱っていませんので、専門の転職エージェントを利用することになります。医師も一般企業の社員と同様好条件の病院を求めて平均3,4回転職を重ねることが一般的なようです。
医師は医学部を卒業すると医局へ配属されます。医局での研修が終了して一通りの知識と技術を習得したとき、あるいは医学博士号を習得した時が一つの転職の目安となります。
医師として転職をすることを考えているならこちらが参考になります。
医局は典型的なピラミッド体系の人事でポストの数は限られています。このポストを目指して壮絶な争奪戦が繰り広げられるわけですが、出世競争に見切りをつけて他の病院へ移って行くパターンが多いようです。医局に低い地位のまま残っていても、いつ僻地の関連病院へ飛ばされるかわからないので先手を打って転職してしまおうというわけです。
一般企業を退職して転職する場合は、上司に退職したい旨を口頭と書面で伝えれば問題ありませんが、医局を辞めるのは直属の上司ではなく、直接教授クラスの許可へ申告しなければなりません。
医局では多くの人員を必要としており、一人でも辞められることには難色を示しますが、転職をする方も家庭を抱えており背に腹は代えられません。そこで利用される転職理由は親が開業医の場合は家業を引き継ぐためというのが多く、女医さんの場合は出産や介護とするのが効果的とされています。医歯薬系の転職は一般の転職より労力が必要なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です